食べ物・スウィーツ・お菓子の記事について

0
    「気まぐれ『きつこ』と仲間たちは日記として始めたブログです。

    ブログ開始時から
    自分が美味しいと感じたお店・後で思い出したいと感じたお店は、記事として残してきました。

    本ブログに残しているお店は、5段階評価で「普通以上」()と感じたお店です。

    単純に美味しいと感じたお店・値段に対して満足度の高いお店・居心地の良いお店などが高評価になる傾向があります。

    の嗜好は、肉食系でやや濃い味を好み、(野菜を中心に)好き嫌いがあります。

    平日のランチは、お店の混雑具合・食事時間にムラがあるので、評価をしていません。

    お気に入りのお店・体調が悪い場合なども評価をしていない場合があります。

    食べ物の好みは人それぞれに異なりますので、自分に合わないと感じたお店・普通未満と感じたお店に関しては、記事にしておりません。

    ファーストフード・チェーン店は、記録に残しておきたいと感じた時だけ記事にしています。

    普通に美味しい という表現を多用しますが、普通というのが難しいことと思っていて、自分なりに美味しい表現と考えています。

    北海道以外の食事は『一コマ』を中心に残しています。

     メニューや金額は、記事の投稿日時又は記事中に記載した月日時点のものです。

    本ブログの登場人物について

    0

      本ブログの登場人物について


      自分

        のお母さんから『きつこ』と呼ばれている。
         名前に使われているのは「き」のみで、由来は不明である。

      嫁さん

      サスケ[ロシアリクガメ ♂]

      ハッチャク[ロシアリクガメ ♂]

      イチゴ[コメット](命日 2010年11月8日


      気まぐれ『きつこ』と仲間達&備忘録 開設の理由

      0
         日記として始めた「気まぐれ『きつこ』と仲間達」(au one)。

        写真のデータ容量が100MBと少ないため、このまま更新を続けていくと古い写真を削除しなければならなくなる。

        写真が多くなる「旅行」と自分だけの食事を綴った「平日のランチ」のカテゴリーは本ブログ 気まぐれ『きつこ』と仲間達&備忘録 に残すことにした。


        *「気まぐれ『きつこ』と仲間達」(au one)は、2010年9月25日に閉鎖したので、過去の記事は『気まぐれ『きつこ』と仲間達&備忘録』に統合

        気まぐれ『きつこ』と仲間達 開設の理由

        0

          昨年の年末に携帯電話を落としてしまった

          死んでしまった「クロ助」や「もとじろう」の写真がたくさん入っていたので、一生懸命、探したけれどみつからなかった・・・

          新しい携帯電話にすると日記機能が付いていた。

          今まで日記に挑戦するも長続きはしなかったけれど、短い文章ながら日々の備忘録や写真を整理するのは意外と楽しかった。

          ただ、携帯電話の日記機能は容量制限があって、データを移すと文字だけのデータになってしまった

          今更ながらブログだと写真の容量制限はあるものの、テキストデータに制限はないことに気付いた。


          2007年11月11日に「気まぐれ『きつこ』と仲間達」を始めた理由である。

          ※投稿日時は「気まぐれ『きつこ』と仲間達」の時間で設定。


          1

          calendar

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << November 2019 >>

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          書いた記事数:4574 最後に更新した日:2019/11/16

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM