中華そば 真壁六郎太

0

    JUGEMテーマ:グルメ



    ラーメンが食べたい気分だったので、地下鉄「自衛隊前」駅の近くにあるお店『真壁六郎太』で昼食を食べることにした。

    店舗前にあるスペースに車をとめて店内へ向かった。

    ジャズが流れる店内は、大きなテーブル席が真ん中にあって、小洒落た雰囲気だった。

    「しょうゆ」(650円)・「しお」(650円)・「淡麗白しょうゆ」(700円)などのメニューがあった。

    1日限定10食の『和風しょうゆ』(700円)を注文した。

     
    190512真壁六郎太.jpg


    スープは透き通っていて、見た目にも綺麗な一杯だった。

    ラード不使用で、削り節、昆布・椎茸を使用した和風スープは、出汁の風味が良く、スッキリとした味わいで好みの味だったけれど、添えられていた柚子胡椒を入れると、より美味しくなった。

    細いストレート麺はあまり好きではないけれど、美味しいスープとの相性が良かった。

    具材はシンプルだったけど、肉の旨みが強いチャーシューが良いアクセントだった。

    透き通ったスープ、雑味のないスッキリ味と書かれていた1日限定10食の「淡麗白しょうゆ」も食べてみたいので、近いうちに再訪しよう。


    ピンお店情報ピン

    【住所】
    札幌市南区澄川3条6丁目3−3 じょうてつドエル真駒内1階

    【営業時間】
    月〜土 11:00〜15:00と17:00〜19:00
    日・祝日 11:00〜15:00

    【定休日】
    火曜日・第4水曜日(祝日の場合変更あり)

    【駐車場】
    お店の前か東光ストア

    手打ちそば 酒のみ処 一膳

    0

      JUGEMテーマ:グルメ



      蕎麦が食べたい気分だったので、国道453号線沿いにあるお店『一膳』で昼食を食べることにした。

      店舗前に駐車場に車をとめて、店内へ向かった。

      入口から入って左側にあるテーブル席に座ったけれど、右側にある小上がり席は、広くて席数がありそうな感じだった。

      蕎麦のメニューが豊富で、魅力的な定食やミニ丼・丼物などのメニューもあった。

      1日20食限定の田舎そば(太麺)があったので、『もり』(700円)の大盛り(200円増し)を注文した。

       
      190511-1一膳.jpg


      角のある蕎麦は、風味が良くて、コシが強かった。

      ツユは、蕎麦と比べると物足りない感じがしたけれど、スッキリとした味わいだった。

      田舎そばを注文しても追加料金が発生しないことやそば徳利にたくさんのツユが入って提供されたのは、嬉しかった。

      かえるからイカ天を貰ったけれど、衣は軽くサクッと揚がっていて美味しかった。

      再訪したら、天丼系かゴボウ天の冷たい蕎麦を注文しよう。


      ピンお店情報ピン

      【住所】
      札幌市南区石山東3丁目6−48

      【営業時間】
      11:00〜21:00(LO 20:30)

      【定休日】
      木曜日

      らーめん処 ふくろう屋

      0

        JUGEMテーマ:グルメ



        ■3月17日の夕食■


        何となくラーメンが食べたい気分だったので、『ふくろう屋』で夕食を食べることにした。

        店舗前にあるスペースに車をとめて、店内へ向かった。

        カウンター11席と席数は少なめだったけれど、店内は広かった。

        「醤油らーめん」(700円)・「ネギらーめん」(800円)・「チャーシューせいろ」(900円)・「広東麺」(800円)・「あんかけ焼きそば」(800円)や・「肉丼」(800円)・「中華丼」(800円)などのメニューがあった。

        急に食べたくなった『チャーハン』(550円)と『餃子[6個]』(300円)を注文した。

         
        190317-3ふくろう屋.jpg


        190317-4ふくろう屋.jpg


        しっとり系のとチャーハンは、美味しいチャーシューがたっぷり入っていた。

        しっかりと焼き色の付いた餃子も、普通に美味しかった。

        らーめんメニューに250円でチャーハンを追加出来るので、次回はチャーハンセットを注文しよう。


        ピンお店情報ピン

        【住所】
        札幌市南区澄川6条3丁目5−21

        【営業時間】
        11:00〜15:00、17:00〜20:00

        【定休日】
        水曜日

        soup curry Esola

        0

          JUGEMテーマ:グルメ



          ■2月24日の夕食■


          カレーが食べたい気分だったので、住宅街にある店『エソラ』で夕食を食べることにした。

          店舗横にある駐車場に車をとめて店内へ向かった。

          店内は木がふんだんに使われていて、落ち着いた雰囲気だった。

          10種類のスープカレーをはじめ、7種類のルーカリーメニューがあった。

          店主オススメの「エソラ特製ハンバーグカリー」(1,000円)は品切れだったので、『ロースカツカリー』(1,000円)の2辛、大ライス[250g](50円増し)を注文した。

           
          190224-2エソラ.jpg


          微かに酸味のあるルーは、コクがあってとても美味しかった。

          小振りだったけど、カツはやわらかくて、サクッと揚がっていた。

          居心地が良く、美味しいカリーを提供してくれる『エソラ』は、すぐにでも再訪したいと思うお店だった。


          ピンお店情報ピン

          【住所】
          札幌市南区澄川5条11丁目4−24

          【営業時間】
          11:30〜20:30(ラストオーダー20:00)

          【定休日】
          月曜日

           
          かえるが注文したスープカレー)


          190224-3エソラ.jpg

          大衆中華 宝来

          0

            JUGEMテーマ:グルメ



            ■11月17日の夕食■


            ガッチリ食べたい気分だったので、『宝来』で夕食を食べることにした。

            店舗前にある駐車場に車をとめて、店内へ向かった。

            「チャーハン」(750円)・「ギョウザ定食[ギョウザ8個]」(720円)・1日20食限定の「鳥の唐揚げ定食」(950円)などの魅力的なメニューがあった。

            『宝来定食』の『C 豚肉とキャベツの味噌炒め』(890円)を注文した。

             
            181117-3宝来.jpg


            ご飯もおかずもボリュームたっぷりだった。

            ご飯の進む濃厚な味付けだったので完食できたけど、小ライス(50円引き)でも良いかもしれない。


            ピンお店情報ピン

            【住所】
            札幌市南区川沿2条4丁目2−1

            【営業時間】
            11:00〜21:00

            【定休日】
            水曜日

            本格中華料理 豊楽園 川沿店

            0

              JUGEMテーマ:グルメ



              ■8月19日の夕食■


              中華が食べたい気分だったので、国道230号線沿いにあるお店『豊楽園』で夕食を食べることにした。

              店舗前にある駐車場に車をとめて店内へ向かった。

              仕切りがあって効率的に配置されたテーブル席と小上がり席があった。

              食べ放題や宴会、中皿(各500円)などの設定があって、食事・お酒にも対応できるメニュー構成だった。

              魅力的なセットメニューもあったけど、残念ながら土日・祝日はランチタイムのみの提供だった。

              メニューの写真が美味しそうだった『タラバガニのあんかけ炒飯』(800円)を注文した。

              厨房内は、中国語が飛び交っていて、料理の提供が早かった。

               
              180819-3豊楽園.jpg


              味付けは、丁度良い塩梅で、玉子はフワフワだった。

              炒飯と餡の相性も良くて、美味しいあんかけ炒飯だった。

              店内はお客さんで賑わっていて、駐車場も空いていなかったので、諦めて帰る車を何台か見た。

              『豊楽園』は、かなりの繁盛店だった。


              ピンお店情報ピン

              【住所】
              札幌市南区川沿17条2丁目1−1

              【営業時間】
              11:00〜15:00
              17:00〜22:00

              【定休日】
              未定

              中華食堂 やまちゃん(2)

              0

                JUGEMテーマ:グルメ



                ■5月20日の夕食■


                夕食は、以前ランチで行って美味しかったお店『やまちゃん』で夕食を食べることにした。

                案内されたテーブル席に座ってメニューをみていると、どんどんお客さんが入ってきた。

                『イカのオイスター炒め』(850円)、『回鍋肉片』(830円)と『ライス[中]』(180円)、『マーボー湯麺』(850円)を注文した。

                 
                180520-1やまちゃん.jpg


                180520-2やまちゃん.jpg


                『イカのオイスター炒め』と『回鍋肉片』は、ハッキリとした味付けだけど濃厚すぎず、美味しかった。

                 
                180520-3やまちゃん.jpg


                シェアして食べた『マーボー湯麺』は、かなり辛くて、花山椒の風味が良かった。

                何を食べても美味しい『やまちゃん』は、ほかの料理も試してみたいと思うお店だった。


                ◆前回の様子はこちらから◆  

                そば みやび屋

                0

                  JUGEMテーマ:グルメ



                  ■4月22日の昼食■


                  蕎麦と定食が食べたい気分だったので、調べてみると、澄川に駐車場があって未訪のお店を見つけた。

                  店舗前にある駐車場が一台分空いていたので、『みやび屋』で昼食を食べることにした。

                  店内はお客さんで賑わっていて、空いていたカウンター席へ案内された。

                  季節限定の「鶏きのこセイロ」(980円)、数量限定の「あさりセイロ」(980円)など気になるメニューもあったけど、セットメニューの『親子丼[小そば付]』(880円)のそば大盛り(100円増し)を注文した。

                   
                  180422みやび屋.jpg


                  蕎麦は適度にコシがあって、ツユはやや辛めで美味しかった。

                  親子丼の鶏肉はやわらかく、しっかりとした味付けだった。

                  蕎麦・ご飯ともボリュームがあったので、お腹は一杯になった。

                  『みやび屋』は、居心地が良くメニューも豊富なので、普段使いに良いお店かもしれない。


                  ピンお店情報ピン

                  【住所】
                  札幌市南区澄川6条3丁目1−25

                  【営業時間】
                  11:30〜15:00
                  17:00〜19:30

                  【定休日】
                  火曜日

                  豚丼と摩周そば くまうし

                  0

                    JUGEMテーマ:グルメ



                    ■3月10日の昼食■


                    駒岡清掃工場にゴミを捨てに行った後、『くまうし』で昼食を食べることにした。

                    駐車場は店舗前にあったけれど、お店周辺で工事をしていたので車はとめにくかった。

                    店内に入ってメニューを見ると、種類が多くて迷ってしまった。

                    「摩周そば」と「豚丼」がセットになった『豚丼とミニ田舎そば』(980円)を注文した。

                     
                    180310-1くまうし.jpg


                    田舎そばはクセがなくて、食べやすいお蕎麦だった。

                    豚丼のタレはコクがあって、ご飯の進む味付けだった。

                    ランチタイムなので、仕方がないけれど、焼いてから時間が経っていたのかバラ肉は冷たかった。

                    厚みのあるお肉はやわらかだったので、炭火の風味を感じる温かいお肉を食べたかった。


                    ピンお店情報ピン

                    【住所】
                    札幌市南区川沿1条5丁目2−3

                    【営業時間】
                    11:30〜15:00
                    17:00〜20:00

                    【定休日】
                    無休(年始三が日を除く)

                    中華食堂 やまちゃん

                    0

                      JUGEMテーマ:グルメ



                      ■10月21日の昼食■


                      以前、駐車場が一杯で諦めたお店『やまちゃん』で昼食を食べることにした。

                      店舗横にある駐車場に車をとめて、店内へ向かった。

                      店内は広くて、カウンター席、テーブル席のほかに、小上がり席もあった。

                      「坦々麺」(850円)・「麻婆タン麺」(850円)・「五目あんかけ焼きそば」(830円)・「海鮮あんかけチャーハン」(980円)などの単品メニューやライス・サラダ・スープ・漬物・デザートが付いていて5種類の料理からメインを選ぶ「選べるランチ」(850円)などのランチメニューがあった。

                      色々なメニューが楽しめる『やまちゃんランチ』(1,250円)と『焼き餃子[3個]』(300円)を注文した。

                      かえるが頼んだ「五目あんかけ焼きそば」は、あっという間に運ばれてきた・・

                      『やまちゃんランチ』も、それほど待たずに運ばれてきた。

                       
                      171021-01山ちゃん.jpg


                      やや甘めでご飯の進む味付けのエビのチリソース、色々な食感が楽しめた青椒肉絲、山椒の風味が強くピリ辛の麻婆豆腐など、どの料理も美味しかった。

                      棒棒鶏はややしょっぱめだったけれど、スープは薄味で、色々な味付けを楽しむことが出来た。

                      少し遅れて、調理に10分かかる餃子が、運ばれてきた。

                       
                      171021-02山ちゃん.jpg


                      皮が厚めで、しっかりと焼かれた餃子は、一口食べた時は味が薄いと感じたけれど、食べ進めると野菜の甘みを強く感じた。

                      レジの前にあった紙に「ホテル札幌ガーデンパレス」にある「赤坂四川飯店」をはじめ、複数のホテルに勤務した経歴が書かれていたけれど、提供時間の早さや美味しい料理を食べて納得した。

                      『やまちゃん』は、本格中華をリーズナブルに味わえるお店だった。


                      ピンお店情報ピン

                      【住所】
                      札幌市南区真駒内曙町3丁目3−10 チサンマンション1F

                      【営業時間】
                      11:30〜14:30(L.O 14:00)
                      17:00〜21:00(L.O 20:30)
                      平日は17:30から営業

                      【定休日】
                      毎週金曜日

                       
                      (五目あんかけ焼きそば)


                      171021-03山ちゃん.jpg

                      麺処まるは RISE

                      0

                        JUGEMテーマ:グルメ



                        ■6月4日の夕食■


                        人気店「まるはBEYOND」のセカンドブランド店がオープンしたと地域新聞に載っていた。

                        「まるはBEYOND」は、駐車場が空いてなくて何度も諦めたお店なので、セカンドブランド店も混雑しているかもしれないけれど、オープンして日が浅く、天気も悪かったのでお店へ向かってみた。

                        建物横の細い道を通って、建物裏にある駐車場が空いていたので、『まるは RISE』で夕食を食べることにした。

                        壁が白色、机が黒色を基調として落ち着いた雰囲気の店内だった。

                        カウンター席は満席だったので、食券を買う前にお店の人が2人掛けテーブル席に水をセットしてくれた。

                        しばらくの間は「醤油」(650円)、「煮干醤油」(750円)、「貝出汁醤油」(800円)の3種のみ提供と券売機に書いてあった。

                        『貝出汁醤油』と麺大盛(100円増し)の食券をお店の人に渡してテーブル席へ座った。

                         
                        170604-2マルハR ISE.jpg


                        運ばれてきたラーメンは、やや甘めな味付けで貝出汁の風味が良く、見た目にも綺麗な一杯だった。

                        麺は細いストレート麺で、表面はツルツルとしていた。

                        具材はシンプルだったけれど、ややレアなチャーシューとやわらかな穂先メンマは、味付け・食感とも好みの感じだった。

                        接客が良く、ラーメンも美味しくて満足な夕食だったけれど、店内に流れるBGMの音量の大きさが、ちょっと気になった。


                        ピンお店情報ピン

                        【住所】
                        札幌市南区澄川3条3丁目4−7

                        【営業時間】
                        11:00〜14:30
                        17:00〜20:00

                        【定休日】
                        火曜日、第3水曜日

                        カラバト・カリー(2)

                        0

                          JUGEMテーマ:グルメ



                          ■5月6日の昼食■


                          簾舞に御墓参りへ出かけたので、駐車場が空いていたら、昼食は『カラバト・カリー』で食べようと決めていた。

                          お店の前を通ると、一台分の駐車場が空いていたので、車をとめて店内へ向かった。

                          『パキスタンカリー』(800円)の中盛り(100円増し)を注文した。

                          最初にサラダが運ばれてきた。

                           
                          170506-1カラバト・カリー.jpg


                          酸味が強い味付けは苦手なはずなのに、不思議と美味しく食べることが出来た。

                          すぐにパキスタンカリーも提供された。

                           
                          170506-2カラバト・カリー.jpg


                          やわらかく煮込まれた鶏肉がたっぷり入ったカレーは、風味が良くて独創的な味付けで美味しかった。

                          前回と比べるとスパイシーさより旨みを強く感じた。

                          食後にシナモンが弱めで美味しいチャイも飲んで、大満足な昼食だった。


                          ◆前回の様子はこちらから◆  

                          にぼしラーメン 鬼そば

                          0

                            JUGEMテーマ:グルメ



                            ■3月4日の昼食■


                            札幌市内の道路は雪解けが進んで、快適に走ることが出来るので、普段はあまり行かないエリアにある『鬼そば』で昼食を食べることにした。

                            お店は国道230号線沿いにあって、「セイコーマート」と「アイスの鉄人」に隣接していた。

                            店舗前にある駐車場に車をとめて店内へ向かった。

                            店内は所狭しと煮干しの箱が積まれていて、雑然とした雰囲気だった。

                            広くてユッタリとしたカウンター席に座ってメニューを見た。

                            基本のメニューは、にぼし正油ラーメンの「鬼そば」、限定の「鬼そば塩」、水だし煮干しに最強自家製煮干しペーストを合わせた「最強 極にぼ」、「和風油そば」の4種類で、大盛和風油そばの「鬼退治[600g]」(880円)やトッピングを全部のせた「鬼に金棒」(1,200円)などのメニューがあった。

                            『鬼そばの肉増し』(950円)を注文した。

                             
                            170304-1鬼そば.jpg


                            やわらかなチャーシューの下にある麺は細くてストレート麺だったけれど、かための茹で加減だったので食感が良かった。

                            あまりボリュームはなかったけれど、替玉が50円とリーズナブルだった。

                            やや甘みを感じるスープは、程よい煮干しと出汁の風味が良くて、スッキリとした味わいだった。

                            具材は、チャーシュー、筍、海苔、ネギとシンプルで、苦手な筍も良いアクセントになっていた。

                            よつ葉[旭川]」同様、『鬼そば』は、煮干しラーメンに対する印象を良くしてくれるお店だった。


                            ピンお店情報ピン

                            【住所】
                            札幌市南区簾舞3条6丁目8−35

                            【営業時間】
                            土日祝・月 11:30〜20:00
                            火木金 11:30〜17:00

                            【定休日】
                            火曜日

                            カラバト・カリー

                            0

                              JUGEMテーマ:グルメ



                              ■8月11日の昼食■


                              2013年10月に来店をしたお店『カラバト・カリー』。

                              近くを通るたびに様子を見ていたけれど、定休日や駐車場が一杯でなかなか再訪することが出来なかったお店である。

                              簾舞へお墓参りに行く途中、お店の前を通ると駐車場が1台分空いていた。

                              お墓参りをする前に『カラバト・カリー』で昼食を食べることにした。

                              店内に入ると、空いていたテーブル席へ案内された。

                              メニューは、サラダとチャイが付いた『パキスタンカリー』のセット(880円)のみで、中盛は100円、大盛は200円増しだった。

                              『パキスタンカリー』の中盛を注文した。

                              すぐにサラダが運ばれてきた。

                               
                              160811-1カラバトカリー.jpg


                              酸味があってサッパリとした味付けのサラダを食べ始めると、カレーが運ばれてきた。

                               
                              160811-2カラバトカリー.jpg


                              煮込まれてやわらかくなった鶏肉がたっぷりと入ったカレーは、スパイス・ニンニク・ショウガの風味が良くクセになる味付けだった。

                              スパイシーだけど旨みもたっぷりで、とても美味しかった。

                              食後のチャイは苦手なシナモンの風味は全くせず、甘くて飲みやすかった。

                              ずっと再訪したかった『カラバト・カリー』で『パキスタンカリー』を食べて、大満足な昼食だった。


                              ピンお店情報ピン

                              【住所】
                              札幌市南区藤野2条12丁目6−1

                              【営業時間】
                              11:30〜21:00

                              【定休日】
                              水曜日・第1日曜日

                              長崎ちゃんぽん ジュン

                              0

                                JUGEMテーマ:グルメ



                                ■6月19日の昼食■


                                以前からお店の存在は知っていたけれど、「ちゃんぽん」は苦手だったのでお店へ足が向かなかった。

                                「ちゃんぽん」を好んで食べるようになってから、ずっと気になっていたお店『ジュン』で昼食を食べることにした。

                                国道沿いから少し入った住宅街にお店はあったけれど、看板・幟・建物の派手な色合いですぐに見つけられた。

                                少し離れた場所にある駐車場に車をとめて一軒家へ向かった。

                                ドアを開けて、靴を脱ぎ、廊下を進むと、民家の茶の間だった。

                                和室は先客がいたので、テーブル席に座った。

                                「長崎ちゃんぽん」(800円)、「長崎皿うどん」(800円)、ミニ豚丼とちゃんぽん又は皿うどんがセットになった「ミニ豚丼セット」(1,050円)、「高菜チャーハン」(600円)、「水ギョウザ[5個]」(450円)などのメニューがあった。

                                『長崎ちゃんぽん』の大盛り(100円増し)を注文した。

                                 
                                160619-1ジュン.jpg


                                スープは濃厚でコクがあって美味しかった。

                                やや太いちゃんぽん麺はやわらかかったけれど、ラーメンと違ってあまり気にならなかった。

                                自家製の柚子胡椒を入れるとクリーミーだったスープは一変し、ピリ辛のスープになった。

                                具材はやや物足りなく感じたけれど、途中でスープの味も変わって、最後まで美味しく食べることが出来た。

                                大好きな「長崎皿うどん」も試してみたいので、簾舞にお墓参りに来た時に再訪しよう。


                                ピンお店情報ピン

                                【住所】
                                札幌市南区簾舞1条5丁目9−1

                                【営業時間】
                                11:00〜21:00
                                ※スープ・麺がなくなり次第終了

                                【定休日】
                                毎週月曜日・火曜日

                                 
                                (食後に食べた「西野のアイスクリーム屋さん YOSHI YOSHI」のアイスクリーム)


                                160619-2ヨシヨシ.jpg


                                calendar

                                S M T W T F S
                                   1234
                                567891011
                                12131415161718
                                19202122232425
                                262728293031 
                                << May 2019 >>

                                selected entries

                                categories

                                archives

                                links

                                profile

                                書いた記事数:4414 最後に更新した日:2019/05/21

                                search this site.

                                others

                                mobile

                                qrcode

                                powered

                                無料ブログ作成サービス JUGEM