【14年12月27日】藻岩山[札幌市]

0
    JUGEMテーマ:北海道の登山


    朝起きると、喉がかなり痛かった・・・

    体を動かして回復するか微妙な感じはしたけれど、天気が良かったので「慈啓会病院前コース」の駐車場へ向かった。

    準備を終えて、11時13分 登山を開始した。

     
    141227-01藻岩山.JPG


    ここ数日、雪が降っていたのでお地蔵さんの雪を除けながら進もうと思っていたけれど、綺麗に除雪されていた。

     
    141227-02藻岩山.JPG


    しっかりトレースが付いていて先週より踏み固められていたので、とても歩きやすかった。

     
    141227-03藻岩山.JPG


    体が重たく感じてペースが上がらなかったので、山頂へ向かうか悩んだけれど、とりあえず「旭山記念公園コース」の登山口へ向かった。

     
    141227-04藻岩山.JPG


    人が少なくて静かな登山道を進んで、12時6分 展望広場に着いた。

     
    141227-05藻岩山.JPG


    市街地を眺めた後、山頂へ向かって歩きはじめた。

     
    141227-06藻岩山.JPG


    12時38分 T6分岐点を通過した。

     
    141227-07藻岩山.JPG


    馬の背を少し越えた場所で、急に汗が溢れてきたので、市街地を眺めながら汗を拭いた。

     
    141227-08藻岩山.JPG


    登りはずっと息が上がっていてかなり疲労を感じたけれど、13時3分 山頂へ到着した。

     
    141227-09藻岩山.JPG


    最近、水分を補給せずに行動するようにしているけれど、体調が悪いので、水分補給してから下山を開始した。

    最初は早足で進んだけれど、途中から楽しくなってきたので、走って駐車場へ向かった。

    風邪の初期に体を動かすと体調が回復することが多いけれど、今日は駄目な雰囲気だ・・・

    【14年12月21日】藻岩山[札幌市]

    0
      JUGEMテーマ:北海道の登山


      夕方、出かける予定があったので、久しぶりに午前中から登山をすることにした。

      冬用のトレランシューズを持って「慈啓会病院前コース」の駐車場へ向かった。

      準備を終えて、9時36分 登山を開始した。

       
      141221-01藻岩山.JPG


      しっかりトレースは付いていたけれど、埋まるので歩きにくかった。

       
      141221-02藻岩山.JPG


      10時 馬の背を通過して「旭山記念公園コース」の登山口へ向かった。

       
      141221-03藻岩山.JPG


      さらにトレースは細くなって、より歩きにくくなった・・・

       
      141221-04藻岩山.JPG


      何度か深く埋まって足を捻ったので、慎重に進んだ。

      10時29分 第2駐車場へ到着した。

      雪は積み上げられていて、駐車場は閉鎖されていた。

       
      141221-05藻岩山.JPG


      第1駐車場を通って、展望広場から市街地を眺めた。

       
      141221-06藻岩山.JPG


      141221-07藻岩山.JPG


      寒くなってきたので、山頂へ向かって歩き始めた。

       
      141221-08藻岩山.JPG


      カメラのバッテリーが無くなりそうだったので、写真を撮らずに進んだ。

      11時27分 山頂へ到着した。

       
      141221-09藻岩山.JPG


      水分を補給せずに行動をしていたので、すぐに下山を開始した。

      走りにくかったので、先週より時間がかかって駐車場へ到着した。

      登山道はそれほど滑らなかったけれど、駐車場付近の坂道はツルツルなので、運転に注意が必要である。

      【14年12月14日】藻岩山[札幌市]

      0
        JUGEMテーマ:北海道の登山



        今日も寝坊して起きると10時を過ぎていた・・・

        夏用と冬用のトレランシューズを持って「慈啓会病院前コース」の駐車場へ向かった。

        下山をしてきた同僚に登山道の状況を教えてもらった。

        駐車場から出ていく同僚を見送り、冬用のトレランシューズを履いて、12時20分 登山口を出発した。


        141214-01藻岩山.JPG



        先週と同じ位の気温(車の外気温度計 −2〜3℃)だったけれど、風もなく日差しもは強かったので暖かった。


        141214-02藻岩山.JPG



        お地蔵さんに雪が積もっていたので、除けながら進むことにした。


        141214-03藻岩山.JPG



        12時46分 馬の背を通過する頃には、汗が溢れてきた・・・


        141214-04藻岩山.JPG



        いつもより時間がかかって山頂駅に到着、すぐに中腹駅へ向かった。

        斜面から眺めた景色は、空気が澄んでいて遠くの山までハッキリと見えた。


        141214-05藻岩山.JPG



        「もーりす号」を眺めて「藻岩山神社」で参拝を済ませた後、「もいわ山スキー場コース」へ向かった。


        141214-06藻岩山.JPG



        先週も同じコースを通ったけれど、兎平から見える景色は一変していた。


        141214-07藻岩山.JPG



        登山道はコンディションが良かったので、楽しく走ることが出来た。

        13時29分 市民スキー場入口へ到着した。


        141214-08藻岩山.JPG



        5分ほど休憩をして、山頂駅へ向かった。

        先週は水分を補給しないで往復したけれど、今日はたくさん汗をかいたので、急な斜面の手前で水分を補給した。


        141214-09藻岩山.JPG



        141214-10藻岩山.JPG



        兎平付近の階段を登ると、中腹駅が見えてきた。


        141214-11藻岩山.JPG



        141214-12藻岩山.JPG



        14時11分 山頂駅へ到着した。


        141214-13藻岩山.JPG



        エネルギーを補給して、14時15分 下山を開始した。


        141214-14藻岩山.JPG



        先週よりすれ違う人は多かったので時間はかかると思ったけれど、楽しくて無意識にスピードが上がったので、先週よりも早いタイムで駐車場へ到着した。

        冬用のトレランシューズは、滑らないし暖かくて快適である。

        【14年12月6日】藻岩山[札幌市]

        0
          JUGEMテーマ:北海道の登山


          昨日は思ったりも早く帰宅したので「手稲山」か「札幌岳」を登ろうと考えていたけれど、起きると11時を過ぎていた・・・

          「慈啓会病院前コース」の駐車場へ向かった。

          12時40分 水道が使用できなくなった登山口を出発した。

           
          141206-01藻岩山.JPG


          気温は低かった(車の外気温度計 −2〜3℃)ので登山道はしまっていたけれど、雪はほとんどなく滑らなかったので、とても歩きやすかった。

           
          141206-02藻岩山.JPG


          13時2分 馬の背を通過した。

           
          141206-03藻岩山.JPG


          141206-04藻岩山.JPG


          たくさんのお地蔵さんが並んでいる坂を登っていると、汗が流れてきた。

           
          141206-05藻岩山.JPG


          13時20分 山頂駅を通過して、中腹駅へ向かった。

           
          141206-06藻岩山.JPG


          「藻岩山神社」で参拝を済ませた後、「もいわ山スキー場コース」を軽く走った。

           
          141206-07藻岩山.JPG


          13時46分 市民スキー場入口へ到着した。

           
          141206-08藻岩山.JPG


          5分ほど休憩をして、山頂駅へ向かった。

          日差しのあたる「もいわ山スキー場コース」は、暖かいのに泥濘がなくて、とても快適な登山道だった。

          ただ、水分を補給せずに進んだので、急な斜面はちょっと辛かった・・・

           
          141206-09藻岩山.JPG


          141206-10藻岩山.JPG


          141206-11藻岩山.JPG


          14時18分 中腹駅が見えてきた。

           
          141206-12藻岩山.JPG

          中腹駅から山頂駅へ向かう斜面は、人気がなく静まりかえっていた。

           
          141206-13藻岩山.JPG


          14時25分 山頂駅へ到着した。

           
          141206-14藻岩山.JPG


          登山者休憩室で汗を拭いてから、下山を開始した。

          軽めに走ったけれど、すれ違う人が少なかったので20分弱で駐車場へ到着した。

          寒さを感じなかったので、今日も残念ながらニットキャップの出番はなかった。

          駐車場が遠いのであまり登らないコースだけど、秋から雪が積もるまでは「もいわ山スキー場コース」のコンディションが良いことを知った。

          【14年11月30日】三角山[札幌市]

          0
            JUGEMテーマ:北海道の登山



            山へ行きたいけれど、体調が悪い。

            風邪のひきはじめなら汗を出して治ることもあるけれど、今日の感じだと悪化しそうなので、我慢することにした。

            徐々に些細なことでもイラっと感じるようになってきたので、急遽、『三角山』を登ることにした。

            15時25分 登山を開始した。


            141130-02三角山.JPG



            登山道は意外と泥濘があった。


            141130-03三角山.JPG



            全くペースが上がらないまま進んで、15時45分 山頂に到着した。


            141130-04三角山.JPG



            眺望は良くなかったけれど、景色を見ていると少し気持ちが落ち着いてきた。


            141130-05三角山.JPG



            「大倉山」へ向かったけれど周囲は暗くなってきた・・・


            141130-06三角山.JPG



            ヘッドライトは持ってきたけれど、思った以上に体は動かないので、『哲学の道』を通って駐車場へ戻ることにした。

            駐車場に着いた時は、すっかり日は落ちて、駐車場も閑散としていた。


            141130-07三角山.JPG



            今日はそれほど歩いていないのに、「慈啓会病院前コース」の往復するよりもきつく感じた。

            【14年11月23日】藻岩山[札幌市]

            0
              JUGEMテーマ:北海道の登山


              今日は『藻岩山』を登ることにしたので、かえると一緒に「旭山記念公園」の駐車場へ向かった。

              たくさんの車がとまっていた駐車場で準備をしていると、青空が広がってきた。

               
              141123-01藻岩山.JPG


              昨日より風は冷たく感じたけれど、天気は良さそうだ。

              準備を終えて、11時36分 登山を開始した。

              最初は一緒にゆっくり歩いたけれど、泥濘が多くて歩きにくかった。

               
              141123-02藻岩山.JPG


              10分後、お互いのペースで登ることにして早足で進んだ。

              日の当たらない斜面は凍っていて何度か滑った。

               
              141123-03藻岩山.JPG


              先週、市街地が見える場所から景色を眺めると初冬の雰囲気だったけれど、今週は雪が溶けてすっかり雰囲気は変わっていた。

               
              141123-04藻岩山.JPG


              「旭山記念公園コース」の登山道は歩きにくかったので、熊除けの鈴を付けて「小林峠コース」を進んだ。

              雪はほとんど溶けていたけれど、歩いている人が少ないからか泥濘も少なくとても歩きやすかった。

               
              141123-05藻岩山.JPG


              141123-06藻岩山.JPG


              静かな登山道を進んで、12時37分 小林峠の登山口に到着した。

               
              141123-07藻岩山.JPG


              今日は水分・食料を補給せず行動することにしていたので、山頂に向かってすぐに出発した。

              13時6分 T6分岐を通過、13時30分 山頂へ到着した。

               
              141123-08藻岩山.JPG


              141123-09藻岩山.JPG


              靴紐を締め直して、すぐに下山を開始した。

              軽めに走ったので「旭山記念公園コース」を往復しているかえるに追いついたけれど、足の動きがぎこちなかった。

               
              141123-10藻岩山.JPG


              凍った斜面で転んで、膝を強打して痛めたようだ・・・

              足にあまり力が入らないようなので、泥濘の多いコースを避けながらゆっくりと進んだ。

              「森の家」前方のベンチがある場所から『藻岩山』を眺めて、階段を通って第2駐車場へ到着した。

               
              141123-11藻岩山.JPG


              頑張って自力で下山したけれど、診察の結果、靭帯を痛めていたようだギャー

               
              (昨日、購入したのに暖かかったので出番のなかったニットキャップ)


              141123-19ニットキャップ.JPG

              【14年11月15日】藻岩山[札幌市]

              0
                JUGEMテーマ:北海道の登山


                11月17日から「樽前錦岡線」が冬期通行規制になるので「樽前山」方面へ行こうと考えていたけれど、あまり予報も良くなかったので近場の山に登ることにした。

                これからの時期にメインで登る『藻岩山』の登山道状況を確認するために「慈啓会病院前コース」の駐車場へ向かった。

                準備を終えて、11時48分 登山を開始した。

                 
                141115-01藻岩山.JPG


                途中から泥濘が多くなってきた・・・

                夏用のトレランシューズでは走れなかったので、お地蔵さんに積もっている雪を除けながら進むことにした。

                コンクリートの遺跡のところに、見慣れない看板(日本初のスキーリフト跡地)があった。

                 
                141115-02藻岩山.JPG


                毛糸の帽子は持ってきたけれど風がなくて暖かったので、被らずに進んだ。

                馬の背手前の登り斜面で、自然の悪戯か何度も枝に積もった雪が頭めがけて落ちてきた・・・

                 
                141115-03藻岩山.JPG


                膝で雪を押さえて、手でお地蔵さんを掘り返しながら進んで、12時45分 山頂へ到着した。

                 
                141115-04藻岩山.JPG


                水分補給をせずにどこまで進めるのか試していたので、トイレ休憩だけして、すぐに「旭山記念公園コース」の登山口へ向かった。

                「旭山記念公園コース」は、「慈啓会病院前コース」より歩いている人が少ないため泥濘が少なくて、歩きやすかった。

                 
                141115-05藻岩山.JPG


                市街地が見える場所で景色を眺めた。

                 
                141115-06藻岩山.JPG


                141115-07藻岩山.JPG


                最近、市街地は霞んで見えることが多かったけれど、今日はハッキリと見えた。

                人が少なくて静かな登山道を進んで、13時21分 「旭山記念公園コース」の登山口に到着した。

                雪が少なかったので駐車場に車はとめられたけれど、トイレは閉鎖されていた。

                 
                141115-08藻岩山.JPG


                141115-09藻岩山.JPG


                13時25分 「旭山記念公園コース」の登山口を出発した。

                登りが続いて汗をたくさんかいたので、斜面手前で足をとめて水分を補給した。

                 
                141115-11藻岩山.JPG


                13時56分 馬の背手前の斜面から山頂を眺めた。

                 
                141115-12藻岩山.JPG


                足が冷たくなってきたので、山頂には向かわず下山することにした。

                泥濘を除けながら進んで、14時18分 「慈啓会病院前コース」の駐車場へ到着した。

                今日は登山道の泥濘を除けば、暖かくてとても良いコンディションだった。

                【14年11月9日】手稲山[札幌市]

                0
                  JUGEMテーマ:北海道の登山


                  昨日は、21時前に新千歳空港へ到着したけれど、人身事故の影響でJRのダイヤは乱れていて、自宅に着いたのは23時過ぎだった。

                  寝坊をしたので、移動時間のかからない『手稲山』へ向かった。

                  準備を終えて、12時31分 登山を開始した。

                   
                  141109-01手稲山.JPG


                  喉に痛みがあったので、汗をたくさん出すために、水分を補給せずに早足で進んだ。

                  風はなくて日差しが強かったので、汗が溢れてきた。

                   
                  141109-02手稲山.JPG


                  落葉したおかげで存在に気付いた滝へ向かったけれど、泥濘にはまってかっぽりをしてしまった・・・、

                   
                  141109-03手稲山.JPG


                  滝を眺めてから、登山道に戻った。

                  13時2分 『布敷の滝』を通過した。

                   
                  141109-04手稲山.JPG


                  ガレ場手前にあるロープ場付近で、足が攣りそうになったので、水分を補給した。

                   
                  141109-05手稲山.JPG


                  13時31分 広いガレ場を通過した。

                   
                  141109-06手稲山.JPG


                  今日の行動時間は往復2時間以内と決めていたので、岩場を少し登ったところで少し休息をした。

                   
                  141109-07手稲山.JPG


                  13時45分 下山を開始、『布敷の滝』から軽めに走って、14時24分 登山口へ到着した。

                  汗をたくさんかいたおかげで、喉の痛みは和らいだ。

                  【14年11月1日】藻岩山[札幌市]

                  0
                    JUGEMテーマ:北海道の登山


                    雨は降らないようだけど、日差しもそれほど期待できないみたいなので、遠出をせずに『藻岩山』を登ることにした。

                    かえると一緒に「慈啓会病院前コース」の駐車場へ向かった

                    準備を終えて、11時 登山を開始した。

                     
                    141101-20藻岩山.JPG


                    木の上で食事をしていたエゾリスを見てから、かえると別れて早足で進んだ。

                    約1ヶ月振りに『藻岩山』へ来たけれど、落葉が進んでいて晩秋の雰囲気だった。

                     
                    141101-21藻岩山.JPG


                    11時20分 馬の背を通過して、「旭山記念公園コース」の登山口へ向かった。

                    11時47分 「旭山記念公園コース」の登山口に到着した。

                     
                    141101-22藻岩山.JPG


                    トイレ休憩後、『藻岩山』の山頂へ向かったけれど、登り斜面は異常に汗をかいた。

                     
                    141101-23藻岩山.JPG


                    141101-24藻岩山.JPG


                    こまめに水分を補給しながら進んで、12時40分 『藻岩山』の山頂に到着した。

                    「恵庭岳」方向は霞んでいた。

                     
                    141101-26藻岩山.JPG


                    「スティックバウムクーヘン」を食べてから、かえるが歩いている「旭山記念コース」へ向かって下山を開始した。

                    T6分岐点を越えたところで会えたので確認をすると、山頂へ向かうとのことだったので「北の沢コース」を往復することにした。

                    いつもより足に痛みを感じなかったので、久しぶりにスピードを上げて走ってみた。

                     
                    141101-27藻岩山.JPG


                    「北の沢コース」は、人が少なくて快適だった。

                    馬の背到着後、山頂には向かわずに「慈啓会病院前コース」の駐車場まで走った。

                    駐車場に到着後、再び登り始めると馬の背の手前でかえると会った。

                    一緒に景色を眺めながらゆっくりと歩いて、14時35分 駐車場へ到着した。

                     
                    141101-28藻岩山.JPG


                    雨にあたらず体を動かせて良かったけれど、久しぶりにハイペースで走ったせいか帰りの車を運転中に何度も腹筋が攣ってしまった・・・

                    帰宅する前に、お持ち帰り専門店『北海丼丸 琴似店』で昼食を買っていくことにした。

                    前回と同じ人気癸韻痢愕ち丼』のシャリの大盛り(645円)を注文した。


                     
                    141101-29北海丼丸.JPG


                    『北海丼丸 琴似店』は、商品の提供まであまり時間がかからず、とても便利なお店である。
                    ※北海丼丸のHPによると、マンション建設に伴う立ち退きのため、H27.2.28でいったん閉店とのこと。
                     

                    【14年10月25日】手稲山[札幌市]

                    0
                      JUGEMテーマ:北海道の登山


                      昨日は職場のボウリング大会だった。

                      昼近くになってお酒が抜けたので、移動時間のかからない『手稲山』へ向かった。

                      準備を終えて、12時36分 登山を開始した。

                       
                      141025-01手稲山.JPG


                      歩き始めてすぐに下山してきた同僚と会ったので、立ち話をした。

                      同僚と別れた後、軽めに走ってみると、数年振りのボウリングの影響か腰が重たかった・・

                       
                      141025-02手稲山.JPG


                      早足に切り替えて進んだ。

                      2ヶ月振りに『手稲山』へ来たけれど、落葉してすっかり雰囲気は変わっていた。

                       
                      141025-03手稲山.JPG


                      141025-04手稲山.JPG


                      141025-05手稲山.JPG


                      13時14分 『布敷の滝』を通過した。

                       
                      141025-06手稲山.JPG


                      汗をたくさんかきながら岩場を進んで、13時36分 ガレ場へ到着した。

                       
                      141025-07手稲山.JPG


                      ガレ場上部まで登った後、少し下りてきて登山道から離れた場所に腰をかけた。

                       
                      141025-08手稲山.JPG


                      景色を眺めながら水分を補給してから下山を開始した。

                      足に痛みがあったので軽めに走って、14時17分 登山口へ到着した。

                      体調もイマイチだったので、今日は短時間行動で良かった。

                      【14年10月19日】風不死岳 → 932峰 → 樽前山(2)[千歳・苫小牧市]

                      0
                        JUGEMテーマ:北海道の登山


                        『932峰』の山頂は3名しかおらず、静かな雰囲気だったので、景色を眺めながらバウムクーヘンを食べた。

                         
                        141019-30 932峰.JPG


                        12時17分  『樽前山』へ向かって歩き始めた。

                         
                        141019-31 932峰.JPG


                        12時27分 分岐を通過して、東山へ向かった。

                         
                        141019-33樽前山.JPG


                        振り返ってみると、『風不死岳』、『932峰』が遠くに見えた。

                         
                        141019-34樽前山.JPG


                        天気は良いけれど、山頂が近づくと、多少、風が吹いてきた。

                         
                        141019-35樽前山.JPG


                        141019-36樽前山.JPG


                        12時48分 『東山』の山頂を通過した。

                         
                        141019-37樽前山.JPG


                        斜面を走って下りて、12時51分 東外輪山分岐に到着するとかえるに出会った。

                         
                        141019-38樽前山.JPG


                        かえるは、東山には向かわず下山するとのことだったので、『樽前山神社奥宮』で参拝をしてから、下山をすることにした。

                        12時58分 『樽前山神社奥宮』で参拝をした。

                         
                        141019-39樽前山.JPG


                        『溶岩ドーム』、『西山』方向を眺めてから、東外輪山分岐へ向かった。

                         
                        141019-40樽前山.JPG


                        141019-41樽前山.JPG


                        『東山』の山頂付近と同じように風はあったけれど、空気が暖かかったので斜面を登ると汗が流れてきた。

                         
                        141019-42樽前山.JPG


                        141019-43樽前山.JPG


                        13時10分 東外輪山分岐を通過して、下山を開始した。

                         
                        141019-44樽前山.JPG


                        目の前に支笏湖、左手に『風不死岳』を見ながら走った。

                         
                        141019-45樽前山.JPG


                        141019-46樽前山.JPG


                        階段からは早足で進んで、13時23分 7合目駐車場に到着した。

                        5合目に向かって歩き始めると、親切な人が声をかけてくれた。

                        かえるは車に乗せて貰い、林道を走って5合目へ向かった。

                        親切な人は5合目ゲートまで送ってくれた上に、「ホッキ天むす」まで持たせてくれたお礼

                        支笏湖温泉で日帰入浴をしたかったけれど、混雑&営業時間が短いので入浴するのは諦めた。

                        途中、パーキングに車をとめて景色を眺めた。

                         
                        141019-47支笏湖.JPG


                        141019-48支笏湖.JPG


                        カーナビで調べてみると、453号線を走ると恵庭市内の温泉へ行くよりも「小金湯温泉」の方が距離は近かった。

                        いつもの「湯元 松の湯」で入浴をしてから、帰宅した。

                        短時間だったけれど、快晴の中、体を動かせて楽しかった。

                        ゲートが閉まる前に機会があったら『風不死岳』の北尾根コースを歩いてみよう。

                         
                        (小金湯温泉へ向かう前にトイレ休憩をした駐車場から見た『八剣山[観音岩山]』)


                        141019-49八剣山.JPG

                        【14年10月19日】風不死岳 → 932峰 → 樽前山(1)[千歳・苫小牧市]

                        0
                          JUGEMテーマ:北海道の登山


                          快晴の予報が出ていたので、昨年、一昨年の秋にも来ている『932峰』・『樽前山』に登ることにした。

                          久しぶりに『風不死岳』へ登りたい気分だけど、かえるは興味がないらしい。

                          『932峰』・『樽前山』は、何度も登っていて単独行動が可能な山なので、『樽前山』の7合目駐車場に到着後、別々に行動することにした。

                          予定より1時間遅れて起床し、9時前に5合目ゲートに到着すると、7合目駐車場が満車のため規制されていた。

                          昨年と比べて待っている車列は短かったので最後尾に並んでみたけれど、車の出入りが少なかったので、歩いて登山口(7合目)へ向かうことにした。

                          準備を終えて、9時14分 5合目のゲートを通過した。

                           
                          141019-01林道.JPG


                          日差しが強くて、すぐに汗が流れてきた。

                          40分後、7合目駐車場へ到着した。

                          樽前山の周回中に合流が出来るように、かえるは西山方面、犬は東山方面から登ることを確認して、10時 別々に登山を開始した。

                           
                          141019-02登山口.JPG


                          軽めに走りながら進むと、右手に『風不死岳』、前方に『932峰』が見えてきた。

                           
                          141019-03風不死岳.JPG


                          141019-04 932峰.JPG


                          昨年(同時期)の山裾は木々が赤く染まっていたけれど、今年は落葉が進んでいた。

                           
                          141019-05支笏湖.JPG


                          昨年の山裾の様子はこちらから


                          登りの斜面は早足で進んで、10時22分 分岐、10時36分 登山口を通過した。

                           
                          141019-06風不死岳.JPG


                          141019-07風不死岳.JPG


                          141019-08風不死岳.JPG


                          ロープ場、鎖場は、前回よりも登りやすくなった気がした。

                           
                          141019-09風不死岳.JPG


                          141019-10風不死岳.JPG


                          141019-11風不死岳.JPG


                          鎖場を通過すると、狭いけれど歩きやすい登山道になった。

                           
                          141019-12風不死岳.JPG


                          前回登った時はあまり人と会わなかったため熊除けの鈴を鳴らしながら進んだけれど、今日はスライドする人が多かったのでゆっくりと進んだ。

                          11時20分 『風不死岳』の山頂へ到着したけれど、人で溢れていた・・・

                          山頂標識の周囲にいる人にお願いをして、写真を撮らせて貰った。

                           
                          141019-13風不死岳.JPG


                          予定していた「北尾根コース」の往復は、林道歩きが加わった時点で悩んでいたけれど、思っていたよりも登山者が多かったのでやめることにした。

                          支笏湖ブルーと「羊蹄山」・「尻別岳」、「恵庭岳」の写真を撮って、『932峰』へ向かった。

                           
                          141019-14風不死岳.JPG


                          141019-15風不死岳.JPG


                          登りの時よりも会った人は少なかったので、少しペースを上げて進んだ。

                          11時50分 登山口を通過、前回はなかった標識に従って登山道を進み、11時57分 分岐に到着した。

                           
                          141019-16分岐.JPG


                          前回は手前にある分岐に戻って滑りやすい斜面を登ったけれど、今回は『932峰』に近い分岐に出ることが出来た。

                          7合目駐車場に続く登山道を眺めながら水分補給した後、歩き始めた。

                           
                          141019-17 932峰.JPG


                          141019-18 932峰.JPG


                          12時4分 『932峰』へ向かう分岐を通過し、12時12分 『932峰』の山頂に到着した。

                           
                          141019-19 932峰.JPG


                          141019-20 932峰.JPG


                          141019-21 932峰.JPG

                          【14年10月12日】神居尻山(2)[当別町]

                          0
                            JUGEMテーマ:北海道の登山



                            山頂へ向かう登山道の右側は、意外と切り立っていた。

                             
                            141012-30神居尻山.JPG


                            去年は視界がなかったので恐怖心もなく走って下りたけど、天気の良い時は足がすくんで走るのは無理そうだ。

                            何箇所か「足下注意」の看板があったので、慎重に階段を登った。

                             
                            141012-31神居尻山.JPG


                            141012-32神居尻山.JPG


                            登り終える直前に振り返ってみると、歩いて来た尾根道が見えた。

                             
                            141012-33神居尻山.JPG


                            11時36分 『神居尻山』の山頂へ到着した。

                             
                            141012-34神居尻山.JPG


                            前回は見ることが出来なかった「避難小屋」と「ピンネシリ山」が見えた。

                             
                            141012-36神居尻山.JPG


                            当初、Bコースで登って、Bコース又はCコースで下山する予定だったけれど、天気が良くて時間に余裕もあるので、下山はAコースを使うことにした。

                            山頂は風があったので、「避難小屋」付近で休憩するために歩き始めた。

                             
                            141012-37神居尻山.JPG


                            141012-38神居尻山.JPG


                            5分弱で「避難小屋」に到着したので、建物の陰で風を除けながらおやつを食べた。

                            11時50分 下山を開始して、5分ほど歩くと「ピンネシリ山」との分岐に到着した。

                             
                            141012-39神居尻山.JPG


                            「ピンネシリ山」へ続く登山道は、草が生えていてロープで封鎖されていた。

                            前方は、雪が積もった十勝岳連峰が微かに見えた。

                             
                            141012-40神居尻山.JPG


                            振り返って、さっきまで休憩をしていた「避難小屋」を眺めた後、歩きはじめた。

                             
                            141012-41神居尻山.JPG


                            しばらくは眺望の良い登山道だったけれど、徐々に笹や木が増えてきて、左右の視界がきかなくなってきた。

                             
                            141012-42神居尻山.JPG


                            141012-43神居尻山.JPG


                            141012-44神居尻山.JPG


                            目の前の紅葉を眺めながら進んだけれど、Aコースはアップダウンが多くて、Bコースの倍以上の距離があったので歩き応えがあった。

                             
                            141012-45神居尻山.JPG


                            141012-46神居尻山.JPG


                            141012-47神居尻山.JPG


                            141012-48神居尻山.JPG


                            13時50分 分岐を間違えて進んだので、予定していた場所(Aコース登山口)ではない『彫刻の森』のゲートに到着した。

                             
                            141012-49神居尻山.JPG


                            帰路は、賑わっていた「当別ダム」の堤頂広場で景色を眺めてから、「ふとみ銘泉 万葉の湯」へ向かった。

                             
                            141012-50当別ダム.JPG


                            141012-51当別ダム.JPG


                            食事・入浴・仮眠をして、夕方、自宅へ向かったけれど、市街地を外して走ったのでスムーズに帰宅することが出来た。

                            多少、足に痛みはあったけれど、快晴の中、眺望の良い『神居尻山』をゆっくりと歩くことが出来てとても楽しかった。

                            もう少し登山者は多いと思っていたけれど、4時間で25人弱しか会わなかったのは意外だった。

                            【14年10月12日】神居尻山(1)[当別町]

                            0
                              JUGEMテーマ:北海道の登山


                              今日は全道的に快晴の予報で山に限らず行楽地も賑わいそうなので、高速道路を使わなくても移動時間ががかからない『神居尻山』に登ることにした。

                              『神居尻山』は、去年、視界がない中、単独で登った山で、紅葉のシーズンの天気の良い日にかえると一緒に登りたいと思った山である。

                              登山口のある「道民の森 神居尻地区」へ向かう途中、道道28号線沿いにある「当別ふくろう湖」の湖面に、紅葉が映って綺麗だった。

                               
                              141012-01ふくろう湖.JPG


                              141012-02ふくろう湖.JPG


                              交通量もなかったので見通しの良い直線道路に車をとめて、写真を撮った。

                              9時過ぎに駐車場に着いたので、「案内所」へ向かうと・・・

                               
                              141012-03神居尻山.JPG


                              施設の開館時間は、9時30分だった。

                              前回車をとめた場所は通行止めで入れないため、「学習センター」横にある登山者等駐車場に車をとめた。

                               
                              141012-04神居尻山.JPG


                              準備を終えて、Bコースの登山口へ向かった。

                               
                              141012-05神居尻山.JPG


                              登山届の記入を済ませて、9時55分 登山を開始した。

                               
                              141012-06神居尻山.JPG


                              最初は緩やかな登りが続いたけれど、階段が出てくると、少しずつ斜面は急になってきた。

                               
                              141012-07神居尻山.JPG


                              141012-08神居尻山.JPG


                              141012-09神居尻山.JPG


                              141012-10神居尻山.JPG


                              汗が溢れてきたので、こまめに水分を補給しながら登った。

                              階段のないところはちょっと滑りやすかったので慎重に進んだ。

                               
                              141012-11神居尻山.JPG


                              10時45分 階段を登り終えると休憩スペースがあったので、山頂を眺めながら休憩をした。

                               
                              141012-12神居尻山.JPG


                              10時53分 Cコースとの分岐に向かって歩き始めた。

                               
                              141012-13神居尻山.JPG


                              10時59分 「山頂まであと1.2km」の看板を通過した。

                               
                              141012-14神居尻山.JPG


                              眺望の良い登山道は心地良い風が吹いていたので、登りの斜面も楽しかった。

                               
                              141012-15神居尻山.JPG


                              141012-16神居尻山.JPG


                              141012-17神居尻山.JPG


                              141012-18神居尻山.JPG


                              141012-19神居尻山.JPG


                              11時15分 Cコースとの分岐へ到着した。

                               
                              141012-20神居尻山.JPG


                              水分を補給して、山頂へ向かった。

                               
                              141012-21神居尻山.JPG

                              【14年10月11日】目国内岳 → 岩内岳 → 雷電山(3)[蘭越町・岩内町・共和町]

                              0
                                JUGEMテーマ:北海道の登山



                                左手に『目国内岳』やニセコの山々、右手に『雷電山』の斜面が見えて、風を遮る場所にリュックをおろして休憩をした。

                                 
                                141011-40雷電山.JPG


                                141011-41雷電山.JPG


                                道中、誰とも会わなかったけれど、山頂付近にも人の気配はなかった。

                                パンを食べて、サプリメントを飲んで、12時 下山(山頂から下りた場所なので登りからスタート)を開始した。

                                 
                                141011-42雷電山.JPG


                                風はあったけれど、日差しが心地良かったので少し早足で進んだ。

                                12時26分 お花畑らしき場所を到着した。

                                前方の『岩内岳』、右手の『目国内岳』は、かなり近くに見えるようになった。

                                 
                                141011-43雷電山.JPG


                                141011-44雷電山.JPG


                                『雷電山』へ向かう時に苦労した登山道は、下山時も苦労した・・・

                                 
                                141011-45雷電山.JPG


                                12時52分 「雷電・目国内分岐」を通過して、「パンケメクンナイ湿原」へ向かった。

                                 
                                141011-46パンケメクンナイ湿原.JPG


                                141011-47パンケメクンナイ湿原.JPG


                                141011-48パンケメクンナイ湿原.JPG


                                141011-49パンケメクンナイ湿原.JPG


                                「パンケ沼」付近で、久しぶりに人と会った。

                                 
                                141011-50パンケメクンナイ湿原.JPG


                                岩は滑りやすく、木が邪魔な登山道を登ると『目国内岳』の山頂が見えてきた。

                                 
                                141011-51目国内岳.JPG


                                141011-52目国内岳.JPG


                                141011-53目国内岳.JPG


                                徐々に風は強くなってきて、時折、突風が吹くので、山頂に寄らず景色を眺めてから「前目国内岳」へ向かった。

                                 
                                141011-54目国内岳.JPG


                                岩場を通過している時に突風で煽られて、バランスを崩して岩場に左脛をぶつけてしまった・・

                                しばらく痛くて動けなかったけれど、痛みが弱くなってきたので慎重に進んだ。

                                「前目国内岳」の山頂へ続く登山道が良く見える場所まで高度を下げると、かなり風は弱くなった。

                                 
                                141011-55目国内岳.JPG


                                14時34分 「前目国内岳」の山頂を通過した。

                                 
                                141011-56目国内岳.JPG


                                色付いたニセコの山々を眺めながら歩きやすい登山道を進んで、14時58分 登山口へ到着した。

                                 
                                141011-57目国内岳.JPG


                                楽しみにしていた『新見温泉ホテル』へ向かった。

                                 
                                141011-58新見温泉.jpg


                                141011-59新見温泉.jpg


                                ドライヤーが洗面所に1つしかないのが不便だったけれど、先週の「新見本館」同様、趣のある佇まいだった。

                                 
                                (「新見本館」と『目国内岳』)


                                141011-60新見本館.JPG


                                ホテルに着いた時間が遅かったので、残念ながら蕎麦を食べることが出来なかった。

                                『きのこ王国 仁木店』で大好きな『きのこ汁』の大盛りと『えび天むす』を食べてから帰札した。

                                 
                                141011-61きのこ王国.jpg


                                フルーツ街道・札樽道は、多少、混んではいたけれど、渋滞はしておらずスムーズに帰宅することが出来た。

                                左足の脛は傷だらけ、右足は踝が腫れてしまったけれど、雨にあたらず登りたかった山に登って、入りたかった温泉に入って、とても楽しい1日だった。


                                注意『道道岩内蘭越線の通行止めについて』【倶知安町ホームページから抜粋】注意

                                 道道岩内蘭越線の蘭越町新見峠(蘭越町と共和町の境界)から蘭越町新見までの4.3kmの区間は、現在道路工事を行っており、その際、擁壁の工事を行います。
                                 このため10月14日(火)午前10時以降通行止めとなり、この工事は12月22日まで続く予定です。
                                 道道岩内蘭越線は本年10月24日に冬期通行止めとなりますが、10月14日(火)午前10時以降は道道岩内蘭越線を通って、蘭越町と岩内町・共和町間を通行することが出来なくなります。
                                 なお、蘭越町側から蘭越町新見温泉までの区間は、通行できます。
                                 また、冬期通行止めとなるまでは、共和町側から新見峠までの通行は出来ます。
                                <通行規制の問合せ先>
                                 小樽建設管理部 蘭越出張所又は共和出張所


                                calendar

                                S M T W T F S
                                1234567
                                891011121314
                                15161718192021
                                22232425262728
                                2930     
                                << September 2019 >>

                                selected entries

                                categories

                                archives

                                links

                                profile

                                書いた記事数:4493 最後に更新した日:2019/09/15

                                search this site.

                                others

                                mobile

                                qrcode

                                powered

                                無料ブログ作成サービス JUGEM